1から知るホームページの作り方の種類

 こちらの記事はまだ未完成な部分もございます。完成次第この文言は削除いたします。


 自分のブログサイトを作りたい!やビジネスサイトを作って今後の副業にしたい!など皆さん色々な悩み・考え方をもってる方がいると思います。
 しかし、いざやってみようと思うとそもそもがどうやってホームページが作成出来るの??という方も多いかと思います。
 当ページでは自分でホームページを作成する方法の種類をご説明したいと思います。

①ホームページを制作する方法の種類

 

 ホームページを作成する方法として主な方法は以下の4つになります。

1:HTMLやCSSを自分で作る


 ホームページはテキストエディタ―(Windowsにおけるメモ帳など)にHTML文書を打ち込むことで作成することが出来ます。
 HTMLではホームページ内に記載する文書やその骨格を書きます。
 またCSSはHTMLで記載した文書に対し、文字を太くした色を変えたりするなどの見え方を編集することが出来ます。
 1から学んで、webデザイナーなどのホームページ業界に対して働いていきたいという方には一番お勧めかもしれません。 
 著者は職業訓練校にてJavaでローカルのホームページを作ったことがありましたが色々なことを学ぶことが出来ました。
 ただし、上記に記載しました HTML言語の習得にかなり時間がかかるため、初めてホームページを立ち上げたい、という方にはあまりお勧めいたしません。

メリット :自分自身で作るため知識をHTMLやCSSなどの専門知識を得ること
      が出来る。
デメリット:専門知識が必要になる。
      1から作るには時間がかかる。
     

2:ホームページ作成ソフトを使用する 


 制作ソフトとは、初心者でも比較的簡単にホームページを作れるように開発されたソフトです。有名どころではホームページビルダーなどが挙がるでしょう。
 現在でもホームページ作成ソフト比較的需要があり、ソフト自体のお値段も1万円は切ります。また、無料のフリーソフトも存在します。
 制作ソフトと共に利用可能なイラストやボタンなどの素材も同梱しているため、自身でフリー素材を探すなどの手間が省くことができます。
 テンプレートも豊富であり、HTMLやCSSについて少し勉強すればより見やすいページにすることが出来ますが、 
「そのホームページ作成ソフトに無い機能は、実現することができない」
「無料版の場合、広告がついてしまう」というのがデメリットとして挙がります。
 あと、大学生時代にホームページビルダーで友人のホームページを作りましたが、今見ると素人臭がすごいですね汗

メリット :比較的に簡単にホームページが作りやすい
      素材探しに時間をかけずに作れる(自分好みのイラストじゃないと嫌だ!という方は個別に探す必要がありますが…)
デメリット:そのホームページ作成ソフトに無い機能は、実現することができない
      デザイン良く作るのは結構むずかしい

 

3:レンタルブログサービスを利用する 


  登録をするだけですぐにブログを構築できるサービスのことを指し、ブログを使ったことがない初心者でも比較的簡単に利用できます。 
 サーバーは提供会社から無料でレンタルすることもでき、一番お金はかかりません。あらかじめ用意されているテンプレートを選んで、ドラッグ&ドロップで画像やテキストなどのパーツを追加するだけでホームページを完成させることもできます。 
  サイバーエージェント社が誇るアメーバブログでは全体の会員数は2012年時点で2000万人 ともあり、ブログを作りたいのであれば一番手間がかからないかと思います。
 デメリットとしてはデザイン性や機能には限界があること。あと提供会社のメンテナンスで使えない時間があったりすることですね。
 アップロード容量上限が少ないかな、と思いきやサーバー提供会社によってはそれなりの容量を確保しているようです。

メリット :サーバーが無料レンタル出来るため、お金が一番かからない。
      簡単にブログを作成することが出来る。
デメリット:デザイン性や機能に限界があること。
      メンテナンスで使えない時間があったりする。

 

4:CMS(コンテンツマネージメントシステム)を使用する 


 CMSとはウェブコンテンツを構成するテキストや画像などのデジタルコンテンツを統合・体系的に管理し、配信など必要な処理を行うシステムの総称です。 
 基本的に[1:テキストエディタで作る] で紹介したプログラミング言語を必要とせず、テキストや画像などの情報を入力するだけで、サイト構築を自動的に行うことが出来るシステムのことです。
 テンプレートやプラグインを利用することで初心者でも簡単に作成でき、自分の望む形のホームページに作りやすいと思います。
 デメリットとしてはサーバーはレンタルする必要がある(有料)、より見栄えが良いホームページを作りたい場合はcssやJavaScriptについても学ばなければならないことですね。

 メリット :初心者でも比較的ホームページが作成しやすい。
       テンプレートやプラグインが豊富。
 デメリット:サーバーは基本有料。
       より作り込みたいならプログラミング言語を学ぶ必要がある。

 

②著者お勧めの方法

 ①について色々ご説明させていただきましたが結論として私が言いたいのはお勧め方法としては
 4:CMS(コンテンツマネージメントシステム)を使用する 
となります。

 その中で世界でのシェア率が最も高いWordPressでの作成をお勧めいたします。
 今、私もこちらのホームページを立ち上げておりますが比較的に作りやすい、お金はかかるがそこまで高価ではない(サーバーのレンタルについてはこちら)、また上記では書いておりませんでしたがSEO対策について勉強しやすいことですね。
 使用ユーザーも多いのでインターネットで調べやすいのも魅力の一つです。


 また、私が勉強させていただいております
 「できるWordPress」発行会社 株式会社インプレス 社様によると
安倍首相のブログや浦和レッズの公式ページもWordPressで作られていると紹介されております。
 ※2019/5/24現在で調べましたが本当にそうでした、正直驚きました汗
  面白いのは安倍首相のはおそらく無料テーマの子テーマ、浦和レッズのはおそらくオリジナルテーマであることでした…。
このように大手や有名人にも使われているため今後も注目されていくでしょう。

 

まとめ:ホームページを制作するならCMSのWordPressでの制作をお勧めしたい!

著者 マエヒロ

画像を押して、質問に来てね!

タイトルとURLをコピーしました