MainWPのメリットと設定方法


 Wordpressで複数のサイトを運営している方、また運営を委託されている方、各ドメインのホームページを個別に管理するのが面倒な時がありませんか?

 私は自身のドメインで2つ、友人のページで3つ(実はもう3つほどやらないといけないのですが…)を管理しておりますが、定期的にそのドメインにログインして更新を確認するのが面倒になる時があります(笑)

 ということでその労力を少しでも削るためにWordpressのプラグインを探しましたところ、「MainWP」という一元管理可能なプラグインがありましたのでメリットと設定方法を紹介いたします。


 管理するページにMainWP DashBoard(管理側のプラグイン)を、管理対象ページにMainWP Child(管理対象のプラグイン)をインストールしてセキュリティIDを発行することで、管理側ページから管理対象を一元管理することが出来ます。

 出来ることは様々ですが、以下のことができるようになります。


管理サイトの簡単管理

・管理サイトの一括アップデート

・管理サイトの簡単アクセス

・管理サイトへの一括投稿

・管理サイトのバックアップ

 私はBackWpUPを各ページで使用しているので今回は説明は端折りますが、一個のプラグインで全管理サイトのバックアップを取れればかなり楽になりますね。

メリット

・一つの管理側ページで複数の管理対象ページを管理できる。

ドメインごとの管理ができる。


 メリットとしてはドメインごとの管理ができることです。
 仕事として複数のドメインを管理、例えばお客様のドメインを管理するとアカウント名が異なるため登録できない一元管理プラグインもあります(JetpackはWordpressアカウントが異なると出来ない)
 仕事としてドメインの管理を行っている方には是非こちらのプラグインを試してみていただきたいです。

 MainWPを使用する際は管理用のホームページを作成して使用しましょう! 


 せっかく管理するのに現在使用しているホームページで管理するとその分遅くもなるし、最悪そのページがダウンやハックされた場合、他の管理も出来なくなる可能性がありますよね?

 これはリスク分散の意味も込めて新規で作成して、セキュリティを強化した管理用ホームページで管理した方がわかりやすいし、手を加えやすいからです。

 私の場合、全体管理するのは私のためパソコンにxampp(プログラムの実行環境)を作成し、Wordpressをインストールしてローカル環境にて管理するようにしております。

 複数の管理者、会社で管理する場合は別ドメインにてホームページを作成して管理した方が情報共有、作業面などからも効率が良いです。

手順

1.管理側ページにMainWP DashBoardのインストール&設定

2.管理対象ページにMainWP Childのインストール&設定

3.管理側ページに設定


 また、日本語化パッチは下記よりダウンロードできます。
 サイト「K2 ESCAPISM」
 ページ「WordPressプラグイン「MainWP」日本語化ファイルのダウンロード」
 すべて日本語化、とまではいきませんが要所要所が日本語化されるのでわかりやすくなります。
 ファイルを解凍後は『wp-content』→『plugins』→『mainwp』→『languages』内に保存すれば日本語化されます。

1.管理側ページにMainWP DashBoardのインストール


 ダッシュボードより『プラグイン』→『新規追加』の順に選択します。

 


 プラグインを追加ページの右枠「プラグインの検索」に『MainWP DashBoard』と入力。


 一番最初にMainWP DashBoardのアイコンが現れますので、『今すぐインストール』→『有効化』と進めましょう。


 有効化まで終わりましたら下記の画面が表示されます。
 ここからはMainWP DashBoardの設定になります。
 手順に沿って設定していきましょう。

 1.『Let’ Go!』をクリック


 2.管理側のページはWeb上かローカルで行うかの確認。
 私は管理側ページはローカルにて作成しているため、Localhostを選択します。
 Web Hostを選択した場合は自動的にサーバーの環境がロードされます。
 ※Web Hostを選択した方は3.の工程は無くなります。

このページだけ撮りなおしたため、日本語に若干なっております。


 3.OpenSSLの所在確認
 Local hostかつWindowsを選択した場合はWindows上のPHPバグのため、openssl.cnfの正しいパスを設定しなければなりません。

 xamppを使用してローカル環境でMainWP DashBoardを使用する場合は指定先を「C:\xampp\apache\conf\openssl.cnf」に設定してください。

 ちょうど同じ悩みを抱えている人がいたので大変助かりました。
teratail「WordPressサイト A, B において、Aに投稿 -> Bにも同時に投稿 を実現したい。」


 4.ダッシュボードのシステム要件の確認
 一覧部分に警告があった場合はMainWP DashBoardにてエラーが発生する可能性があります。もしあった場合はサーバー構成を更新して問題ないかを確認してください。

 

 
 5.ホスティングの設定。
 何件のホームページを管理するかの設定欄です。50未満or50以上の選択ができます。私は5つのため、『Less than 50』にします。


6.MainWP DashBoardとchildの構成確認
 ①MainWPのネットワークを隠すか
  他者がMainWP Childを使用しているか確認しようとしたら404エラーになるようにする

 ②MainWP Childを自動更新するか
  バージョンアップがあった際、DashBoardから管理対象のchildをアップデートするか

  childを使用していることを狙って攻撃される可能性も考え、両方Yesにします。
 ※まれにサーバーの設定によってはパーマリンクが壊れる可能性がありますので設定後はパーマリンクを確認しましょう。


 7.お知らせ機能の設定
  アップデートやメンテナンス関連のメッセージを受け取るかの設定になります。私は管理用で1ページ作ったので受け取る様に設定します。

 

 

 8.バックアップの実行有無と使用するプラグインの確認
 管理対象ごとにバックアップはしているのでNoにします。今後MainWPを主で管理を行う場合はYesにして追加記事を投稿いたします。
 Yesにした場合は使用するプラグインの確認とMainWPのアカウント作成画面になります。(2019/6/20現在ではUpdraftPlus、BackUpWordPress、BackWpUPが選択できました)

 

 

 9.Uptime Robotによる監視の設定
 「Uptime Robot」はブラウザから登録するだけでネットワークの死活(ページがダウンしてないか)を監視してくれるネットワーク監視ツールです。
  別途設定が必要になりますのでこちらのページでは端折らせていただきます。
 

 

 10.WP管理メニューで非表示にしたい項目を選択します。

 

 

 11.設定の終了画面
 これでDashBoard側の設定は終了です。
 次は管理対象のページにMainWP Childをインストールします。

 

 

2.管理対象ページにMainWP Childのインストール&設定

 管理対象のホームページにログインし、ダッシュボードから『プラグイン』→『新規追加』の順に選択します。


 検索枠に『MainWP Child』と入力。


 一番最初に表示されるの『今すぐインストール』をクリック


 有効化後はプラグイン一覧のページが表示されますが、いつもは表示されていない赤枠部分があります。

 

 
 こちらの警告文はMainWP ChildをインストールしているのにDashBoardで管理されていない場合表示されます。

 インストールしているのに管理されていないと悪意を持った人物が自身のDashBoardから登録してくる可能性は否定はできません。

 こちらの警告文はインストールしたら早く設定して自身のDashBoardから管理できるようにするか、設定できないなら一度プラグインをオフにしようという警告文になります。

 なので次は設定を行います。
 『設定』→『MainWP Child』の順に選択します。


 MainWP Childの設定欄になります。
 ここからDashBoardに認証するためのセキュリティーキーを作成します。
 「Require unique security ID」の欄にチェックを入れて「Save Change」をクリックします。


 画面が変わり、セキュリティキーが発行されました。
 私の画面ではモザイクをかけております、他人に自身のセキュリティキーは明かさないようにしてください。
 セキュリティキーが発行されたら、DashBoardからログインするための設定を確認します、『Connection Details(接続詳細)』タブをクリックしてください。

 
 DashBoardに接続するための詳細情報が表示されます。
この部分はコピーしておいて、DashBoardに接続する際に使用します。

 

3.管理側ページに設定

 

 今度は管理側のページより先ほどの接続詳細を入力します。
 ダッシュボードよりMainWP→サイト(Sites)→新規追加(Add New)の順に選択します。


 管理対象の情報を入力するページに移動します。
 管理対象のConnection Detailsの内容をコピー&ペーストしながら進めると作業しやすいです。


①サイトURL(Site URL) : 管理対象ページのURL
 Connection DetailsよりコピーでOK

②Administrator username : 管理者の名前
 Connection DetailsよりコピーでOK

③Friendly site name : 管理対象ページの名前
 Connection DetailsよりコピーでOK 

④グループ(Groups) : 管理の分類分け
 必須項目ではありません。mysite(自分用)、〇〇’s siteなどで分類しました。

⑤Child Unique Security ID : MainWP Childで作成したセキュリティID
 Connection DetailsよりコピーでOK 

⑥証明書を確認(Verify certificate) : 管理対象ページのSSL証明書を確認するか。
 Connection Detailsと同じ設定でOK 

⑦SSL version : SSLのバージョン確認
 デフォルトがAuto detect(自動検出)になっています。
 Connection Detailsと同じ設定でOK 

⑧Force use of IPv4  : IPv4の強制使用
 デフォルトはYesを推奨しておりますが、Noにしておきました。
 強制使用する理由がわかりましたら加筆修正いたします。

⑨HTTP username : Basic認証のユーザー名
 HTTP password : Basic認証のパスワード
 管理対象ページにBasic認証(アクセス制限)を使用している場合は入力が必要になります。

 すべて入力しましたら一番下の『サイトを追加(Add New Site)』をクリックして下記の画面になれば設定は完了です。


 2つほど登録した時の一覧は下記になります。

 いかがでしたでしょうか。
 まだホームページ数が少なかったり、そこまで管理が手間になってない方は問題ありませんが複数運営している場合は一元管理することでだいぶ手間を削ることが可能になります。

 ただし、各プラグインやテーマを更新など行った際は、ちゃんとそのページに一度確認し不具合がないかなどは確認するようにしましょう。

 こちらの記事が皆様の少しでもお役に立てば幸いです。

 

 著者 : マエヒロ

画像を押して、質問に来てね!

タイトルとURLをコピーしました