String locatorの使い方とメリット

 

 String locatorはWordPress本体、テーマ、プラグインに対し、文字列を検索・編集することが出来るプラグインです。

 私は『Gwolle Guestbook』など海外製のプラグインで、閲覧者が見るときに英語表記になっている個所を日本語に変更する時に使用しますが、WordPress本体やプラグインの更新時エラーの際、問題個所の特定にも使用することが出来ます。

メリット

・プラグインの改造で文字列の検索がスムーズに出来るようになる。

・編集箇所のパスが書いてあるため、改造時バックアップも取りやすい。

①インストール方法

 

 ダッシュボードにログインし、『プラグイン』→『新規追加』をクリックします。


 プラグインの追加画面を開いたら、画面右側にある「プラグインの検索」ボックスに『String locator』と入力。


 検索が終わりましたら下記のアイコンを選択し、『今すぐインストール』→『有効化』の順に進めます。

 

 これでインストールは終了です。

 

②利用方法

 

 無事にインストールが終わりましたらダッシュボードより『ツール』→『String locator』の順に選択しましょう。


①Search through
 検索対象を選択する欄です。
 大きく分けるとCore(WordPress本体)、Themes(テーマ)、Plugins(プラグイン)の3つになります。

 Core内にある
 「The whole WordPress directory」はWordPress全体
 「Everything under wp-content」 はwp-contentフォルダより下を指します。
 より細かく検索したい時はThemes内の『habakiri-child』やPlugins内の『Gwolle Guestbook』など選択して検索することが可能です。

②Search string
 検索文字列入力欄です、こちらの枠に検索したい文字を入力します。

③RegEx search
 正規表現をオンにするチェックボックスです。正規表現とは「いくつかの種類の文字列を1つの文字列で表現する方法」です。長くなりますのでここでは割愛いたします。

④Search
 検索開始ボタンです。②Search stringに検索文字列を入力してからクリックします。

⑤Restore last Search
 最後に検索した文字列を再度検索します。こちらのボタンをクリック時、②Search stringは最後に検索した文字列に変換されます。

基本的な使い方としては

①Search through で探したい範囲を選択

②Search stringに探したい文字列を入力

③Searchをクリック

という流れになります。

 

③実際に使ってみる

 

 実際に使ってみないと性能がわかりづらいと思いますので、下記のデータを作成しました。


 試しに『テスト用ファイルです.html』というファイルを作成し、中身を下記のように入力します。


 ファイルの中身は検索文字予定の『StringlocaterTest」とNowの後(モザイク部分)を現在そのファイルが置いてある場所名を入力して実際に検索して発見することが出来るか確認します。

 下記の階層に『テスト用ファイルです.html』を計6つ配置しました。


 「The whole WordPress directory」(ワードプレス全体)、
 「Everything under wp-content」(wp-contentフォルダより下)
  Pluginsの「All Plugins」で検索をかけます。

検索に問題がなければ
  The whole WordPress directoryでは5件
  Everything under wp-contentでは2件
  Pluginsの「All plugins」では1件になるはずです。

 1回目:「The whole WordPress directory(ワードプレス全体」


 検索結果計5件、maehiro-pchelep.comのは検出されておりません。

 2回目:「Everything under wp-content」(wp-contentフォルダより下)


 検索結果計2件、問題なし。

 3回目:Pluginsの「All plugins」


 検索結果計1件、問題なし。

 以上、3回試しましたがこれでString locatorが指定した場所以外の検索はしていない&階層が深いフォルダでも検索が出来たことを証明できました。

 

 いかがでしたでしょうか。

 String locatorはこの検索機能だけではなく、専用のテキストエディタを用いた編集機能も持ち合わせております。

 今度、Gwolle Guestbookの表示コメントを変更いたしますのでその際は別途記事にて行ったことを皆様にお杖したいと思います。

 こちらの記事が皆様の少しでも有益になる記事でしたら幸いです。

 著者 マエヒロ

画像を押して、質問に来てね!

タイトルとURLをコピーしました